飲酒運転であることが事故の賠償額に影響するのか?

交通事故の被害に遭ったとき、加害者が飲酒運転であった場合、賠償額の慰謝料に影響するのでしょうか。
加害者に飲酒運転という法令違反があっても、被害者に対しては、「自賠責保険」や「任意保険」の「対人賠償保険」及び「対物賠償保険」による補償の対象になります。

高齢者と交通事故について

最近、高齢者ドライバーによる悲惨な事故が後を絶たず、大きな社会問題になっています。運転免許証の自主返納制度を活用したり、強制返納制度の仕組みを導入したりしようなどと盛んに議論されているのはご承知のとおりです。その一方で、少子高齢化の影響から、高齢者が交通事故に遭う機会が増えているのもまた事実です。

自転車事故と法律

自転車による事故が多発しており、高額の賠償金の支払いを命じられる案件が増えているように思います。
特に死者の数はバイクや原動機付自転車による事故よりも多いとの調査結果が出ています。
また高齢者と子供の死傷者が多いようです。
今回は自転車事故について説明したいと思います。
まずは自転車運転の規制について確認します。

あおり運転が社会問題に

前を走る車に対し、車間距離を詰めて異常接近したり、追い回して進路を譲るように強要したり、ハービームパッシングやクラクションを鳴らし、幅寄せや前方への割り込みを繰り返すなどして、相手を威嚇したり嫌がらせをする行為が「あおり運転」です。あおり運転が原因で死亡などの人身事故を起こした場合は、危険運転致死傷罪で処罰されるのが一般的です。これは、通常の過失運転致死傷罪に比べると何倍も思い刑罰が適用され、死亡事故だと裁判員裁判の対象とされる重大犯罪です。