交通事故賠償金に対する遅延損害金

交通事故の賠償金は、理論的には事故の日に全額の支払い義務が発生することになっています。

したがって後日、判決に基づいて賠償金を受領する時には、賠償支払いが遅れていることになりますので事故日から年5%の遅延損害金を請求できます。

実際には裁判になっても示談で終わるケースが多いので早期解決のために遅延損害金は全部放棄したり一部のみ請求するケースもあります。

このように年5%の遅延損害金が加算されることから、逸失利益の計算においては将来の逸失利益を現時点で一括請求する際に年5%の利息分を差し引かれることになります。

これがライプニッツ係数やホフマン係数と呼ばれるものです。

Related Posts