代車料について問題となるケース

事故直後に車を修理に出すので代車を使いたい旨を相手方の保険会社にいうと「あなたにも過失があるので代車料は出ません」と言われることがありますが、過失があるから代車料が出ないと言うことはありません。

代車料から過失分が引かれるだけであり、休業損害や慰謝料と同じレベルの話になります。

代車料で問題になるのは代車の必要性や代車のランク、代車使用期間などです。
通勤に使う車が外にあるようなケースでは、そもそも通勤用の代車が必要と言えるか、カローラが事故に遭った場合に、クラウンを代車で借りても良いかなどです。

また修理方法でもめてなかなか修理に出さなかったために代車の使用期間が延びてしまったというようなケースで無理な修理要求をしていたような場合に代車料が一部カットされるような場合もあります。

Related Posts