ひき逃げによる事故の救済方法

自賠責保険に未加入の車や盗難車、ひき逃げによって自動車事故にまきこまれた被害者は、加害者からの賠償を受けることが困難になりことがあります。これら場合、被害者は泣き寝入りのままと考えがちですが、そのような人を救済するのが、「政府保障事業制度」と呼ばれている国の制度です。

定期金賠償方式

保険会社が交通事故の被害者に賠償金を支払うときは、将来の生存期間を予想して将来の損害も含めて一括で賠償金を支払うことが一般的です。ところが将来分については被害者が死亡されるまで一定期間ごと(たとえば一年ごと)に賠償金を支払うという方法があります。これが定期金賠償と呼ばれるものです。