労災給付と遅延損害金への充当の可否

交通事故にあった場合に、労災や自賠責から保険金や給付を受け取ることがありますが、実際に受け取るのは事故から随分後になってからになります。したがってそれまでに遅延損害金が発生するのが一般です。そこで受け取った給付を元金に入れずにまず利息(遅延損害金)に入れて余った分を損害金元本に入れるという処理をしてよいかが裁判でよく問題になっています。