後遺症認定申請する際の注意事項

症状が固定した段階で後遺症の認定申請をすることになりますが、この場合に後遺症を認定するための検査を医師がきちんとしているかどうかが問題となります。
医師としては怪我を治すための必要最小限度の検査を行いますが、それが後遺症の認定を受けるための検査として十分でないことがあります。

自賠責保険の支払基準の拘束力

相手方が自賠責保険にしか加入していない場合に、被害者としては自賠責保険に被害者請求をすることになりますが、自賠責には支払基準があり、これによって賠償額は機械的に計算されます。
よって自賠責の支払枠が残っていても支払基準での計算で出た金額しか支払われません。

後遺症の認定申請をお忘れなく

交通事故の治療を継続してある程度時間が経過すると急速な改善が見られない状況になります。
一般的に症状固定と言われる状態です。この状態に至った場合に通常は医師に後遺症診断書を書いてもらって後遺症の認定申請を受けることになります。保険会社は、この時期になると治療の打ち切りを勧めてきますが後遺症の認定申請をするようには進めてきません。