交通事故に巻き込まれて、保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない。保険会社との示談・慰謝料請求はお任せください。交通事故問題に強い名古屋・岐阜・岡崎の弁護士事務所、旭合同法律事務所(弁護士16名在籍)では電話法律無料相談を受け付けております。

飲酒運転であることが事故の賠償額に影響するのか?

交通事故の被害に遭ったとき、加害者が飲酒運転であった場合、賠償額の慰謝料に影響するのでしょうか。
加害者に飲酒運転という法令違反があっても、被害者に対しては、「自賠責保険」や「任意保険」の「対人賠償保険」及び「対物賠償保険」による補償の対象になります。

高齢者と交通事故について

最近、高齢者ドライバーによる悲惨な事故が後を絶たず、大きな社会問題になっています。運転免許証の自主返納制度を活用したり、強制返納制度の仕組みを導入したりしようなどと盛んに議論されているのはご承知のとおりです。その一方で、少子高齢化の影響から、高齢者が交通事故に遭う機会が増えているのもまた事実です。

不幸にして身内が交通事故でお亡くなりになり、しかも事故の損害賠償を受取っても返しきれない多額の借金があるような場合

不幸にして身内が交通事故でお亡くなりになり、しかも事故の損害賠償を受取っても返しきれない多額の借金があるような場合があります。
このような場合、賠償を受取らず相続の放棄をした方がいいとアドバイスすることになります。